再び寒い八幡平エリア 中倉山 (2/26)


昨日(2/25)の山麓は午前中まだ雨粒が飛んでいましたが、昼前から気温が下がり吹雪と北西風。

今朝の山麓はほんの2~3cmの積雪。早朝、八幡平スキー場~大黒森を登下降したスキーヤーの情報によると、北西風が強く積雪は10~20cm、風で飛ばされた所はクラスト(モナカ)状態。

中倉山山頂付近(1,372m)13:05現在:小雪、西風6m、-13℃、積雪300cm~。
下倉スキー場ゲレンデトップから下倉~中倉鞍部辺りまでは雲粒無の降雪結晶主体のパフパフの新雪10~15cm。中倉山の登り(疎林)からは軽い新雪の下にウィンドスラブ(ソフト)の層が出てきました。

中倉山頂上付近の無樹林斜面は15cm程のウィンドスラブ(ソフト)その上に12~3cmのパフパフの新雪。2/24~25にかけて降雨によると思われるレインクラスト層があり、クラスト層と新雪(ウィンドスラブ層)との密着度は全体的には良いようですが、クラスト層の下すぐに再結晶した雪(こしもざらめ)が見られましたので注意が必要です。

中倉山から源美沼方面は視界があまり無く源太ヶ岳の稜線は見えませんでしたので、樹氷の状態は確認できませんでした。しかし源美沼付近のアオモリトドマツは「樹氷もどき」がまだ見られ、纏った雪はまだ落ちてはいないようでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR