スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積雪状況要注意の八幡平エリア (2/10)


今朝山麓でも10cmほどの降雪がありました。

八幡平スキー場付近も真冬に戻った天候、午前中は視界が少しあり(スキー場イナズマコーストップ辺りまでは見えていた)時々日が射すこともありましたが、気温はゲート付近で-6℃~-7℃でした。

スキー場付近では20~25cmの軽めの新雪、風の影響を受けている所はややソフトスラブ化してきていました。
スキー場付近の西向き、南向きの斜面は硬いクラストの上に新雪が載り、密着が悪く斜度が出てくれば容易にズレル状態。

1,230m付近のチャンピオンコース上部から2箇所、新しい、自然発生の表層雪崩跡がありました(サイズ1)。二箇所とも南東斜面で雪庇上の付近から破断、第2リフト降り場に近い方の雪崩は面発生表層雪崩、破断面は40cm位(目視)でした。

11時過ぎには風も出て時折吹雪いてきました。標高を下げて、1,100m仏の沢付近の積雪を調べると、その地点には、表面から40cm付近に非常にずれやすい層がありました。新雪(20cm)こしまり雪(ソフトなスラブ状)(20cm)の下です。断面観察しただけでもスカスカなのが確認できました。(南東斜面)

連休は降雪や風の予報も出ていますので、登り下りのルートは相当吟味して表層雪崩に遭わない行動をとる必要があります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。