スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積雪の再配分激しい茶臼エリア (3/9)

DSCF1097.jpg
八幡平茶臼岳山頂12:05現在:晴れ、西南西8m、-5℃

3日間の吹雪も収まり朝から青空が広がった八幡平エリア。積雪の著しい再配分で西風が強かったことが伺えました。東斜面(風下)は厚く吹溜り、茶臼山頂周辺の吹溜りは60~90cmの厚さ。0~25cmがウィンドスラブになってずれました。また吹き溜まらないところでも60cm付近に弱層確認。一方、吹きさらし斜面はカリカリのクラストかソフトなスカブラ。茶臼山頂は全体にアイスバーン。日中、日照がたっぷりで雪質はソフトスラブ気味、この時期らしく重めになりました。
DSCF1109.jpg
休日でそこそこの数の入山者(滑走者)がありました。午前中に恵比須沢奥右岸の側壁に自然発生の表層雪崩跡が散見。
昼過ぎに冬期ゲート(完全埋没)に向けて戻っていると、スキー場跡の急斜面に滑走者が誘発したと思われる表層雪崩跡。本日の積雪状況からすれば当然の結果。巻き込まれたらただではすまないでしょう。自然は時に想定外の現象を引き起こすものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。