不安定な積雪層の茶臼エリア (2/17)

DSCF0874.jpg
八幡平樅山東斜面(標高1280m)12:15現在:雪/吹雪、北西8m、-8℃、290cm

朝から再び降雪。10時半頃から、日が差したり激しく降ってきたり北西風の吹雪になったりでしたが、東斜面一帯はスラブ化は免れていました。新雪が20cmであられが混じりやや重めで黄砂が少し入ったような感触?上部東斜面はこの新雪の下にハードなスラブ或いはクラストがあり新雪との密着は良くない状況(スラフ)。滑走すると底づきしてガリガリゴリゴリと凸凹が感じられました。吹溜り地形は新雪の下が25cmほどのハードスラブ、その下が4Fの軟らかい層が40cm位あり65cm深で顕著な弱層CTM9でSudden planar(1回のタップで破断、一気にブロックが前にずれた)。
東斜面全体に北東~北風の影響が残り吹溜りも斜面を横切るように入っていました。
DSCF0870.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR