西強風でガリガリの茶臼エリア (2/7)

DSCF0709.jpg
八幡平樅山東斜面(標高1180m)10:15現在:吹雪、北西12m、-12℃

昨日からの西強風が続き積雪の再配分が著しく、2/4日以降出来たクラスト(アイスバーン)が縦溝のまま露出しているところが多く、吹溜りはハードウィンドスラブ。スカブラ、エビの尻尾状クラストと吹溜りがミックスの部分、以前に落ちた(転がった)雪まくりや雪庇のブロックなどの雪塊も氷化し岩のように硬くなって見え隠れしていました。(アイスバーンは一昨日より硬くなってフットペン(ツボ足)で刺さるか刺さらないかの硬さ)

風の通り道でアイスバーンが磨かれている状態が続き、接近中の南岸低気圧によるある程度の降雪があれば(風向きは南~東~北と変化、新雪は高密度の傾向)東~南斜面ばかりでなく北~西斜面も風の影響を受け吹き溜まり、表層雪崩が容易に発生すると予見できます。(写真下:ガリガリの樅山下部、新雪は何処へ?)
DSCF0705.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR