スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の八幡平:台風18号で松川が氾濫(11/8)

DSCF8772.jpg
8/9に雫石、紫波周辺に大きな被害を出した集中豪雨から約ひと月後、今度は台風18号が裏岩手八幡平を襲い、松川が氾濫しこれまた大きな被害を出しました。裏岩手八幡平周辺は台風による湿気が秋雨前線を刺激し9/15の午後からまとまった雨が降り出し、翌9/16の昼前には松川上流部(森の大橋上部)はすでに大増水していました。
DSCF8785.jpg
台風接近による強い雨風はお昼過ぎ~16時頃がピーク、岩手松尾の観測地点では50mm/hほどの雨が少なくとも3~4時間続き、16:40頃八幡平市柏台付近の松川は橋桁1,5mまで激流が迫り見たこともない川幅となり轟音とともに荒れ狂っていました。辺りはドブ(腐葉土)のような異様な臭いが鼻を突きます。
DSCF8955.jpg
松川は松川温泉付近(地熱発電所)からいたるところで氾濫、護岸を抉ったり逆流して中小河川や用水路を遡ったり道路を欠損させたり、そして赤川、北上川合流点近くになると蛇行している部分が全て水流となり、八幡平市大更、山後地区、盛岡市玉山区川崎、下田地区などが大きく浸水しました。松川温泉松川荘、松楓荘付近も氾濫して、湯の森キャンプ場への橋も漂流物で埋まっていました。柏台~松川温泉周辺の道路は法面が地滑り、小さい沢が溢れ土砂が道路を塞ぎ一時通行不能となりました。DSCF8983.jpg
50mm/h程度以上の雨が何時間か続くと大きい河川は勿論涸れ沢や小さい堰も思いがけない激流となり、道路を欠損させ法面を崩したちまち交通障害が生じます。今回の台風は秋田県境(裏岩手)に強烈な雨雲を停滞させたので、山から水が出て比較的上流部からも浸水被害が出ました。今回は幸い入山者が水害に巻き込まれる事故はなかったのですが、尾根沿いの登山道でも相当の危険があったと思われます。台風通過直後の岩手山、八幡平周辺の登山道は大荒れ状態でした。気象激変化による集中豪雨、大量降雪が今後も増えるものと予想されますので従来の経験則に拘ると無事戻れなくなる事態になるということも。気象状況により一層気を付けなくてはなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。