稜線は強風が吹き荒れた茶臼エリア (2/26)

DSCF5211.jpg
八幡平茶臼岳~前山鞍部9:45現在:地吹雪(時折日差し)、西18m、-10℃、300cm~

前山の支稜を少し登るころから風が強まり、観測地点(茶臼鞍部)あたりは歩けないほどの強風、地吹雪で時折薄らと茶臼岳の尾根が見えても近づくことが出来ない状況でした。同エリアは昨日よりは硬めのウィンドスラブになり安定傾向。しかし風下斜面は吹溜りがさらに積雪が増しているので、先週末の降雪分は30~40cm(この付近に弱層)とはいえ、この吹溜り斜面が庇の伸びた雪庇の崩落や人や動物が引き金の雪崩となれば、結構な規模の面発生雪崩になると思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR