表層雪崩リスク高まる八幡平エリア (1/26)

DSCF4808.jpg
八幡平スキー場(標高1110m)10:40現在:雪、西寄り5m、-11℃、220cm

昨日からの降雪で観測地点で45cmの新雪(密度やや高目)この時間はまだそれほどスラブ化されていなくて軟らかい(F)ままでしたが、表面20cm辺りからスパスパ切れ、新雪との境目(45cm)は顕著な弱層。またその下には締まった雪が15cmで60~80cmの約20cm分が軟らかめの脆い層(4F)がありました。
強い寒気が入っていてなお積雪が増え西風が強くなってくると、面発生表層雪崩と雪庇崩落が引き金の表層雪崩が出る典型的なパターンとなりますので、特に日曜休みで入山予定の方は登り下りのルート取りに十二分に注意が必要です。
なお、アスピーテライン冬期ゲートの真ん中がほぼ埋没していました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR