大粒のあられが35cm!八幡平エリア (3/24)


八幡平スキー場イナズマゲレンデ中腹(1,100m)13:55現在:雪、南西15m、-2℃、275cm。

山麓でもあられが降り積もったのですが、山も同じような積雪でした。大粒のあられが35cm。旧スキー場イナズマゲレンデ中腹の平坦部で観測。視界は何とかありイナズマ上部に視線を向けると、南の尾根の手前の凹状地形全体が上1/3から下まで(デブリの一部は通称ベンジョ裏の崖下へ)新しい表層雪崩跡(サイズ1,5)が確認できました。

似たような傾向の斜面の下で観測した限りでは、あられが35cmでその下がクラスト層(10cm)、シャベルコンプレッションテストでは腕1回で顕著に破断、断面には広幅六花降雪結晶が多数観察できました。昨夜からの降雪の開始は降雪結晶であったと思われます。

積雪層は35cm、55cmにクラスト層でその上下が脆い層、また本日のあられの層は大粒で厚いので表層雪崩ハイリスク状態が続くと予想されます。新雪層は相当の重量がある雪ですので浅いところの破断でも相当のダメージになりますので要注意です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR