スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の日差しの源太ヶ岳 (3/9)


源太ヶ岳上倉沢源頭部(1,430m)12:00現在:晴れ、微風、0℃、300cm~。

比較的硬くしっかりとした氷板の上に12cm軟らかな再結晶した雪が載り、氷板との境はとても破断しやすい状態でした。氷板の下はすっかりこしもざらめ化して脆くなっています。40cm、50cm付近にも顕著な弱層でその部分にはこしもざらめと降雪結晶の破片がかなり見えました。

源太ヶ岳上部東斜面の雪庇の張り出しはほとんど無くなりました。ボール状斜面のの中間から下の方にデブリらしきものが雪に隠れてはいましたが盛り上がっているのが確認できました。

雪は軟らかい所も日射で滑らなくなってきました。上倉断崖横~丸森川沿いの斜面はクラストモナカ気味。
源太ヶ岳付近~大深山荘付近の樹氷は半壊状態でしたが結構残っていました。双眼鏡で八幡平山頂付近の樹氷も観察しましたが白くなっている所もあり、全壊崩落はしていない感じでした。

源太ヶ岳下部丸森川右岸沿いの広葉樹(ブナ、ダケカンバなど)に新たに赤ペンキ丸印が(冬期ルート用?)10箇所以上つけられていました。林野庁の作業用とは思われないのですが、何故赤ペンキでこれほど沢山印を付けるのか理解出来ませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

http://www.mbs.jp/voice/special/201202/28_228.shtml

上記の記事の様にらくがきをする輩が絶えないそうです。

生木に塗料を塗ると消せないそうです。削ると腐るそうなので。

国立公園内でこの様な行為をしたら「国立公園法」で罰せらえますよね・・・

No title

なんちゃんさん、お久しぶりです。県民の森~七滝の冬期遊歩道にしようとボランティア精神?で作業したのでしょうかねえ。赤布ならまだしも。赤ペンキでは刺青と同じですから樹が可哀そう。
プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。