雪庇が大きく張り出した源太ヶ岳 (2/14)


源太ヶ岳北東尾根付近(1,450m)12:00現在:薄曇り、南風微風、-2℃、300cm~。

午前中ガスで視界が良くなかった八幡平エリアも11時を過ぎると裏岩手稜線もガスがはれました。雪はウィンドパック気味でスキーが沈まずラッセルが無いようなもの、ただツボ足になると膝下までズブッと入ります。

風の影響を受けた斜面はウィンドクラスト(硬目)かスカブラ(軟らか目)、表面はモイストパウダー(表面霜は見つけられませんでした)。樹氷は完成形ではない(中間まで樹氷化)ものは中倉山西斜面辺りから見られます。まともなものは源太ヶ岳側からです。大深山荘周辺はいい感じに見えました。

観測場所では上から15cm、60cmに顕著な弱層。源太ヶ岳の山頂下東斜面には東直下に(遠目に)4~5mも張り出している大雪庇。かなり南側尾根に近い所です。ここ何年かは北側にも雪庇があったりしたのですが、今年は今のところ東直下一箇所に大きく張り出しています。ほとんど西北西風が吹いているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR