ハードウィンドパックの八幡平スキー場跡 (2/9)


八幡平スキー場跡チャンピオン上部(1,240m)11:00現在:吹雪、西20m、-14℃。

スキー場周辺は、地吹雪でも青空が透けて見えたのも10時半頃までで、その後は風速が増し吹雪いて視界が悪くなりました。冬期ゲート付近もは風の影響で硬いウィンドパック、東向き斜面も硬さの差はあれウィンドパックになっていました。上部積雪が軟らか気味にパックされている斜面はかなり不安定で、30cm付近で容易にずれました。
60cm付近にも弱層がありましたが、観測地点でのシャベルコンプレッションテストでは結果が出ませんでした。

西~南向き斜面は硬いクラスト上に薄くウィンドパックの雪。その分はすぐ崩れ落ちます。雪が飛ばされている所はガリガリ状態。チャンピオン上部はハードスラブに覆われているところが多く、リフト跡に近い所のかなり大きな雪庇の根本にクラックが入り、崩落寸前という感じでした。雪崩跡は、見える範囲内にはありませんでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR