硬いスラブ上に新雪、茶臼エリア (12/31)

DSCF0352.jpg
八幡平樅山山頂(標高1350m)12:20現在:晴れ、西8m、-7℃、230cm

15~25cmの低密度の新雪の下は硬めのウィンドスラブで、滑走時スキーが新雪だけを捉える状態。新雪の下のスラブはやや不安定な感触の場所があるものの、滑走のトレースが多数交錯してもずれ落ちませんでした。観察した樅山山頂直下斜面吹き溜まり気味の深さ17cmにずれる層(降雪結晶)、55~60cm付近に脆弱な層。また樅山上部ササ斜面はクラックがあちこち入っています。
スポンサーサイト
プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR