スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡沼周辺に降雪(6/5)

DSCF4118.jpg
6月に入っての寒気で、八幡平山頂周辺(標高1550m~)は6/4~6/5にかけて、うっすら降雪がありました。
スポンサーサイト

雪解けが加速・今季雪崩情報終了(5/18)

DSCF4041.jpg
1月10日頃からやっと本格的な降雪開始でしたが、その後3月末まで順調に積り4月も気温が低め。ということで標高1200m以上の北~東斜面はこの時期にしては雪が残っています。ただ昨日から晴れて気温上昇が週明けまで続く予報、融雪が加速すると思われます。積雪期限定ルートや沢筋はルート取りが難しくなってきました。
2016~2017積雪期シーズン「八幡平エリア雪崩情報」は本日で終了いたします。ご閲覧、感謝いたします。(平山)

新たに新雪10cm超八幡平エリア(4/28)

DSCF3911.jpg
寒気流入で依然降雪がある八幡平裏岩手エリア。本日も標高1400mより上は10cm超の新雪に覆われていました。可視できる斜面のクラックは4/26の降雨後も何とか持ちこたえていますが、寒気が抜けた後の気温上昇時は全層で崩れるリスクが高まります。(写真上:4/25午後の茶臼山荘下クラック)

八幡平エリア全層雪崩リスク(4/21)

DSCF3862.jpg
新雪に隠れていたクラックが本日再び見えてきました。写真上は黒谷地南側黒川沢右岸側壁の全層雪崩で、一昨日の降雪前に発生した模様です。注意を要するクラックは茶臼山荘直下の東斜面。縦方向のクラックもできており、全層雪崩のリスクが高いと予想されます。また写真下の前山南東側のクラックも開いてきました。
DSCF3878.jpg

降雪と吹き溜まりの茶臼エリア(4/20)

DSCF3846.jpg
4/19の寒冷前線通過で降雪があった八幡平エリア。本日は終日アスピーテライン閉鎖。西風強風の影響で風下には分厚い吹き溜まりや雪庇が形成。吹き溜まりは深いところで60cm超の場所も散見されました。南東~南向き急斜面ではルースアバランチ。また斜面にあちこちクラックができてきましたが、新雪に隠されていますので転落注意です。
プロフィール

ANGELITALINDA

Author:ANGELITALINDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。